「第14回公開ヒーリングに参加して」



 11月27日(日)、横浜市青葉区にある、“アートフォーラムあざみ野”で、日本スピリチュアル・ヒーラーグループによる「第14回公開ヒーリング」が、開催されました。


 私は、前に第12回公開ヒーリングに参加させて頂いたのですが、今回、「埼玉シルバーバーチの会」からのお手伝いという、思いがけない形で再び参加することになりました。

 空模様が気になるお天気でしたが、皆さん無事においで下さいました。中には、北海道から参加された方もいらっしゃいました。

 スピリチュアル・ヒーリングやスピリット・ヒーリングについての説明の後、休憩を挟(はさ)んで静かな心地よい音楽が流れる中、3回の直接ヒーリングが行われました。


 心鎮まる落ち着いた雰囲気の中で行われるヒーリングが進むと、それをご覧になっていらっしゃる方の中に、ハンカチを目に当てる方、肩を震わせている方をお見受けしました。

ヒーリングを受けられた方の中に、長い間、重い病を患われている方がおられました。その方の心の内を聞かせて頂いているときです。私自身、去年かなりの体調不良を経験していたこともあり、その方が今日ここにいらっしゃるまでに、どれほどの不安や苦しみを味わい、それを乗り越えていらしたのかがよく分かり、思わず涙ぐんでしまいました。

そしてヒーリング終了後の「高級霊との交わりは、こうしたとても静かな中で行われます」との司会者の言葉が印象に残りました。
ヒーリングというものが、派手なイメージを持たれることも多い中で、スピリチュアル・ヒーリングの中の最高のヒーリングである、スピリット・ヒーリングの特徴の一面をよくあらわしている言葉だと思ったからです。


 高級霊と霊医たちと日本スピリチュアル・ヒーラーグループの皆さんがつくりだす、暖かく清らかで穏やかなバイブレーションにより、会場は霊界の音楽が聴こえてきそうなほど精妙になっていました。その高貴な空間・会場の雰囲気は、霊界の存在をしっかりと実感させるのに十分なものでした。
私は、シルバーバーチの霊訓が降ろされた交霊会も、きっとこのようなものだったのではないかと想像しています。


 何よりも、少し緊張気味で参加された皆さんが、お帰りになられる時には、どの方もにこやかで、とても和やかなお顔になられているのを見て、この場にいられたことに嬉しさと深い感謝の思いが湧(わ)いてきました。


   ※なお、引用にあたっては、スピリチュアリズム普及会の許可を得ています。











プロフィール

kao0701

Author:kao0701
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR