FC2ブログ

「いったいだれが何のためにスピリチュアリズムを始めたのか?」



 6月の読書会に参加したときのことです。
「スピリチュアリズムを理解するためには、スピリチュアリズムを始めた人の気持ちになって考えるとよく分かります」という内容の説明を聞いた時、私の中に驚きが走りました。今までに一度もそんなことを考えたことがなかったからです。と同時に、「そうか、そんな視点からもスピリチュアリズムを見ることができるんだ」と思いました。


 スピリチュアリズムを始めたのはだれでしょうか?それは、イエスを中心とする霊界の高級霊たちです。すると、「ではいったい何のために、イエスたちは、スピリチュアリズムを始めたのか?」という疑問がわいてきます。その答えは、「地球人類が、悲劇の中で苦しんでいるから」です。


イエスたちは、これまでに何度も、霊性の進んだ人間に霊的真理のインスピレーションをおろして、人類を救おうとしてきました。しかし、一人の人間の受け取れる真理は、ドアの隙間からのぞいた景色のようにごくわずかなものです。そのホンの少しの真理も、時間の経過とともに、人間が物質的視点から考えだした人工的教義の中に埋もれてしまいました。

それは、
「人間がせっかく手にしながらいつしか見失うということを繰り返してきた真理」
   (スピリチュアリズム普及会:『シルバーバーチの教え』上 P53)

「霊界の指導者は、地上界が大霊の意図にそって発展するように、大霊のバイブレーションに相応できる者(霊媒・霊能)を地上へ派遣してきましたが、大霊からかけ離れてしまった人類は、霊的に鈍感になり、物的なことしか理解できませんでした。」
   (スピリチュアリズム普及会:『シルバーバーチの教え』上 P55)

というシルバーバーチの霊訓にも語られています。

 そこで霊界は、「今度こそ!」との思いで綿密な計画を立てました。
今の地上界は、唯物主義と利己主義におおわれています。そうなってしまった根本原因は、人類が物質的なことばかりに目を向けてしまい、霊的なことを何も知らないからです。その「霊的無知」をなくすためにおろされたのがシルバーバーチをはじめとするスピリチュアリズムの霊訓だったのです。


 高級霊たちは、自分の霊的成長や光輝く霊界での生活を犠牲にして霊的真理をおろしてくださいました。その時です!イエスも地上での使命を終えてから、なんと2千年もの間ずっと人類を救おうとしていたことに気がついたのは・・・・・・。50年、100年ではありません。2千年です!今の私には、想像を超える期間です。そのことを考えたとき、その忍耐力・スケールの大きさ・愛の深さに何とも言えない感謝の気持ちでいっぱいになりました。


 この霊界の計画を成就するには、地上で手足となってはたらく道具が絶対に必要です。以前から私は、「霊界の道具」というのは、宅配便のドライバーに似ていると考えています。依頼主は霊界の人々・荷物は霊的真理・お届け先は時期のきた人です。私は今のところは、まだ見習い中ですが、

「こんどこそは、“唯物主義”と“利己主義”の勢力が絶対にはびこらないように努力しています。」
   (スピリチュアリズム普及会:『シルバーバーチの教え』上 P53)

とのシルバーバーチの熱い熱い思いに少しでも応えるために、「霊界から信頼される宅配便のドライバー」を目指していこうと思いを新たにしました。



  ※なお、引用にあたっては、スピリチュアリズム普及会の許可を得ています。





プロフィール

kao0701

Author:kao0701
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR