「読書会に参加する前の私と今の私」



 私が「埼玉シルバーバーチの会」の読書会に参加するようになってから3年になろうとしています。

 読書会に参加する前の私は、シルバーバーチの霊訓やスピリチュアリズムに漠然とした感じを持っていました。
霊訓の中で「摂理の神」の文章を目にしたときは、やっと納得できるものにであえた喜びでいっぱいになりました。そのためしばらくの間は、「神とは摂理なのだ」とばかり思っていたのです(今思うと、それは「神」を一つの側面から見ていただけでした)。
このような状態で、内容を人に伝えようとしても、「スピリチュアリズム」や「神」について何をどう話したらよいのかが分からず、もどかしい思いをかかえている自分がいました。


 それが、読書会で、「神についてどのように考えたらよいのか(神観)」「人間とはどんな存在なのか(人間観)」「正しい祈りとはどのようなものか(祈り)」などを学んでいるうちに、少しずつまとまりが感じられるようになってきたのです。
さらに、昨年から今年にかけて、「スピリチュアリズムの全体像」を「救済」と「宗教」という、二つの大きな視点(観点)から学んできました。そのおかげで今では、「ああ、これは霊的成長についてだ」「これは正しい祈りについてだ」などと、より整理されたかたちで、霊訓の内容が自分の中に入ってくるようになりました。そして、ほんの少しですが人に話せるようになってきています。



 『シルバーバーチの霊訓』をはじめとするスピリチュアリズム関係の本は、20冊を超える膨大な量です。一通り目を通すだけでも、かなりの時間が必要になります。そのうえ、ぜんぶ読み終わったころには、はじめのほうの内容は忘れてしまっています。霊訓をひたすら繰り返し読んでいただけでは、どうしても部分的・断片的な見かたになり、なかなかスピリチュアリズムの思想(霊的真理)を正しく理解することは難しいのです。
そこで、スピリチュアリズムの内容を整理して、全体像を学んでいくことが必要になります。ちょうど、地図や一覧表を作ると、全体を見渡しやすくなるのとおなじです。



スピリチュアリズムの全体像を一人で把握するのは、とても難しいことです。そのため読書会に参加することは、とでも大きな意義があります。
シルバーバーチは次のように語っています。

「こうしたサークル活動は、あなた方が霊的存在であって物的存在でないことを忘れないようにするうえでも役に立っております。人間には、こうしたものがぜひとも必要です。なぜなら、人間は毎日、毎時間、毎分、あくせくと物的生活に必要なものを追い求めているうちに、つい、その物的なものが殻に過ぎないことを忘れてしまいがちだからです。それは実在ではないのです。」
  (ハート出版:『シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ』 P49)

今、私はシルバーバーチのこの言葉を深く実感しています。あの時思いきって読書会に参加して本当によかったと思っています。もし、あのまま一人で霊訓を読み続けていたら、スピリチュアリズムの霊的真理をほとんどわからずにすごしていたでしょう。へたをするとスピリチュアリズムへの熱意が冷めてしまっていたかもしれません。
この霊界からの導きに感謝して霊的真理の普及に役立てるように、さらに学びと実践を重ねていきたいと決意を強くしました。


  
   ※なお、引用にあたっては、スピリチュアリズム普及会の許可を得ています。








プロフィール

kao0701

Author:kao0701
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR