FC2ブログ

「健康で幸せな生活を送るためのただ一つの方法」             (東京スピリチュアリズムサークル10月の読書会に参加して)

   

 健康で幸せな暮らしをしたい!これは、誰もが願っていることではないでしょうか。それを求めて、たくさんの人がいろいろな宗教を信仰し、祈りを捧げています。先日、自宅のポストに入っていたある宗教団体のチラシにも、“あなたも絶対幸せになれる!”という一文がありました。ではいったいどうしたらそうなれるのでしょう?モノやお金が多くあることや、今までの宗教が説いてきたように、教団の教えや儀式を忠実に守り、神に祈りを捧げれば、本当に幸せになれるのでしょうか?


 祈り(願い)を叶えるためには、祈る相手である神との関係を正しく知る必要があります。今まで人類は、神と人間は直接的な関係であると思ってきました。それは無数にある宗教も同じです。しかし、シルバーバーチは霊訓の中で、「大霊による直接の関与などというものは絶対にありません」と、はっきり言っています。シルバーバーチは、神と人間は摂理を介した間接的な関係であることを、人類史上、初めて明かしてくれたのです。

 実は、この霊的真理は霊界では常識なのですが、地上人やこれまでの宗教にとっては、天地がひっくり返るほどの衝撃的なことでした。今まで地上人類はこの霊的事実を知らなかったために、正しい信仰をもつことができなかったのです。

 私たち人間は、直接神を知ることはできません。神と人間の間には、常に摂理があるからです。従って私たちが神を知りたいと思うのであれば、神の造った摂理を知ることです。それによって初めて神を正しく認識することができるようになります。「摂理の神」の理解なしでは、正しい信仰を持ち、正しい信仰実践の道を歩むこともできないのです。


 「摂理の神」の信仰的意味のポイントには、次の3つがあります。
①摂理とは、神が人間を幸せにするために設けた仕組み
 人間の幸せを願って造られた摂理なのですから、その摂理にそった生き方をすれば、調和がもたらされ自然に幸福への道が開かれます。一方、摂理に反する生き方をすれば、バランスが崩れ不幸を招いてしまうのです。
②神の摂理にそうための忠実な努力が「正しい信仰」
 神の摂理にそうための努力は自分自身でしていかなければなりません。自分で自分を救っていく“自力信仰”が正しい信仰です。本当に自分を救えるのは、自分の努力なのです。
③神の摂理の支配を踏まえた上での神への語りかけが「正しい祈り」
 どの宗教でも、“祈り”を大切にしています。しかし、摂理に叶っていない祈りは、真剣であっても意味のない行為です。神の摂理を知ることで、初めて正しい祈りができるようになるのです。

(※「摂理の神の信仰的意味」についての詳しい内容は、東京スピリチュアリズムサークルHP 読書会の学習ポイントと感想 2018年10月20日・21日をご覧ください。)


 私は、神にすがってただひたすら救いを求める他力信仰は、子供が親に欲しいものをおねだりするのと、同じようなことだと考えています。人間の親子の間では、例外や特別な計らいがありますが、機械的にはたらく神の摂理にはそのようなことは一切起こりません。私たち人間が幸せになれるただ一つの方法は、「神の摂理にそった生き方をすること」です。自分を摂理に合わせる努力をしていくうちに、霊と精神(心)と肉体の調和がとれて、自(おの)ずと健康で幸せな生活が送れるようになっていくのです。

 私は昔、ある宗教に入っていたことがあります。その時は一生懸命その教団の教えや作法を学び、毎日決められた真言やお経をあげていました。しかし、そうした最中でも“これって本当に意味があるのかしら?”という思いが消えることはありませんでした。今振り返ってみると、ずいぶんと無駄で的外れなことをしてきたと思います。その後、幸いにして私はシルバーバーチによって、正しい神の姿・正しい神との関係を知ることができました。今、私は摂理の神という霊的真理を知らぬまま、神にすがる間違った信仰や間違った祈りをしている人の姿を見たり聞いたりすると、昔の自分を見ているような気がします。さらに、その人たちが祈り(願い)が叶わないことに悩み、心の奥で不安と恐怖を抱えながら日々をすごしているのを見るといたたまれなくなります。が、それと同時に、少しでも早く、一人でも多くの時期のきた人に、正しい霊的事実を知ってほしいと願う気持ちがよりいっそう強くなるのです

   ※なお引用にあたっては、スピリチュアリズム普及会の許可を得ています。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     ◎シルバーバーチの言葉

・「摂理に順応した生活を送っていれば、望み通りの結果が生じるようになっています。結果が出ないということは、摂理に一致した生き方をしていないことを示しています。」
   (『シルバーバーチの教え・上』 P93 スピリチュアリズム普及会)

・「真の幸福とは、大霊と一体になった者に訪れる安らぎのことです。それは心が大霊のリズムで鼓動し、大霊の意思と一致し、魂と精神が大霊と一つになっている状態のことです。大霊の摂理と調和しているから安らぎがあるのです。それ以外に安らぎは得られません。」
   (『シルバーバーチの教え・上』 P99 スピリチュアリズム普及会)

・「神を人間の都合のよい方向へ向けさせようとしても無駄です。神に摂理は、計画通りに絶え間なく作用しています。賢明なる人間——叡智を身につけたという意味で賢明な人間は、摂理の文句を言う前に、自分から神の無限の愛と叡智に合わせていくようになります。」    
(『—地球人類にとっての真のバイブル— シルバーバーチの霊訓・1』 P111 スピリチュアリズム普及会)

・「ここにおられる(ハンネン・スワッファー・ホームサークル)の皆さんは、霊的知識から生まれた完璧な信仰をもたなければいけません。皆さんは霊力の証(あかし)を手にしておられます。万事うまく行くという信念、大霊の摂理と調和して生きればそれ相当の実りを手にすることができるとの信念を持たなければなりません。」
(『シルバーバーチの教え・上』 P96 スピリチュアリズム普及会)

・「祈りをするうえで常に意識しなければならない対象とは、大霊、生命の摂理、宇宙の自然法則であるということです。 (中略)
——すべてのものが不変の法則によって支配されているのであれば、大霊に祈っても意味がないのではないでしょうか。というのは、祈りとは大霊に法則を変えてくれるように依頼することではないかと思うからです。
 それは私が理解している祈りとは違います。祈りとは、大霊に近づこうとする魂の願望です。」
    (『シルバーバーチの教え・上』 P120 スピリチュアリズム普及会)

・「いくら誠心誠意の祈りであっても、それだけで摂理が変えられるものではありません。いかなる教義を忠実に受け入れても、摂理を変えることなできません。」    (『シルバーバーチの霊訓・11』 P90 潮文社)






プロフィール

kao0701

Author:kao0701
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR