FC2ブログ

      「読書会に参加してみませんか?」


 私が、東京スピリチュアリズムサークル(旧 埼玉シルバーバーチの会)の読書会に参加するようになってから、5年余りになります。昨年は病気のためにほとんど参加できませんでしたが、今年は休むことなく出席することができたことに感謝しています。


 8年ほど前に小さな書店でシルバーバーチの霊訓に出会ってから、シルバーバーチの霊訓と名のつく本を探し出しては、夢中で読み進めていました。よく分からないところも多かったのですが、そのときに分かる内容に心を引かれて、本を開かないと落ちつかない日々を過ごしていたのです。そうして出版されている本をすべて読み終えたとき、目標を失ったような気持になってしまいました。この先、霊訓をどう活かしていけばよいのかが、よく分からないのです。同じ内容のことがあちらこちらに書かれていて、それをまとめようと思うのですが、膨大な量の霊訓を前にして途方に暮れてしまいました。

 “シルバーバーチの霊訓を広めたい、霊界の道具になりたい”という思いは強いのです。しかし、肝心の「スピリチュアリズムとは何なのか、どのようなものなのか」が見えてきません(今は、“霊界主導の地球人類救済計画”と答えられるようになりましたが……)。そんな思いを抱えながら過ごしていた中で、東日本大震災をきっかけに始めたインターネットをほんの少し使えるようになっていた私は、スピリチュアリズム普及会の存在を知り、書籍やニューズレターを取り寄せ、またそれらを読み進める日々を送り始めました。

 ニューズレターには、難しい内容のものもありましたが、霊訓の内容のかみ砕いた説明や、実践方法が書かれていて、とても新鮮な感じを持ちました。ただ、それらを一通り読んだ後でも、まだ漠然としか理解できていない自分を感じ、再び霧がかかったような状態を解決するのにはどうしたらよいのか悩んでいました。そして読書会の存在を知りました。どんなところなのかまったく知らない不安もありましたが、思い切って参加してみたのです。


 初めて参加した読書会は、私にとって衝撃的なものでした。霊的真理を体系的に学ぶことに初めて触れたからです。そのときの学習内容は「神観」でした。それまでの私は、神(大霊)とは摂理だとばかり思っていて、他に四つの側面(創造神としての神・大霊としての神・愛の始原としての神・究極の理想、目標としての神)があるなどとは、考えたこともなかったのです。ニューズレターで読んでいたはずなのですが、どうやら当時の私には難しすぎて頭に残っていなかったようです。それからの私は、読書会に参加することが一番の楽しみになり、それは今も変わっていません。


 読書会では、テーマごとにポイントを押さえた学習ができます。このような広い視野からの体系的な学びは、一人で霊訓や普及会の資料を繰り返し読んでいても、なかなかできない学び方です。その上、読書会は交霊会でもあるので、地上の人間だけでなく、霊界からの参加者も大勢います。

 先月(11月)の「人間の霊的成長に関する摂理」の学習の際、さまざまな摂理の関係性についての関係図を見たとき、私の中に何かが走りました。そして講義が進んでいくうちに、いろいろな摂理が複雑に関連しながら働いていることが、立体的な感覚と躍動感を持って私に迫ってきました。それまでシルバーバーチの「摂理の裏側に別の次元の摂理があります。(中略)これらが裏になり表になりながら働いているのです。(『霊的新時代の到来』 P190 スピリチュアリズム普及会)」という霊訓を読むたびに、いつも表面的な頭での理解しかしていない自分を感じてもどかしい思いをしていました。それを初めて実感を伴って理解することができたのです。どうしても超えられなかった壁を、霊界からの応援で一気に乗り越えたような感じでした。


 このように、霊的真理の学びを目的としている読書会では、自分の霊的意識が高まり、霊的真理のより深い理解が進むようになります。私はそのおかげで昨年の病気を、霊的視点を失わずに乗り越えることができました。もし、一人で霊訓を読んでいただけだったら、おそらく病気に振り回されてしまっていたことでしょう。“あの時、勇気を出して読書会に参加しておいてよかったな”とつくづく思っています。

皆さんも読書会に足を運んでみませんか?


   ※なお、引用にあたっては、スピリチュアリズム普及会の許可を得ています。


     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  ◎シルバーバーチの言葉

〇「ナザレのイエスがその昔こう言いました。——“二人ないし三人の者が集う所には大霊が祝福を授けてくださる”と。」    (『シルバーバーチの教え・下』 P37 スピリチュアリズム普及会)

〇「交霊会に出席して大霊と心を一つにしておられる時間は、一時として無駄に終わることはありません。調和と愛の心で集う時に蓄積されるエネルギーが、大いなる架け橋を築く上で役に立っているのです。」    (『シルバーバーチの教え・下』 P39 スピリチュアリズム普及会)

〇「今夜、この部屋には五千人もの霊たちが集まっています。」    (『シルバーバーチの教え・下』 P29 スピリチュアリズム普及会)



プロフィール

kao0701

Author:kao0701
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR